ラシックスの市販と病院で処方されると保険適用か

ラシックスが薬局などで市販されない理由とダエイット目的で病院で処方してもらえる?保険適用?費用は?

ラシックス,市販,処方,保険,費用

 

ラシックスは薬局やドラッグストアなどでは市販されていません。その理由は、ラシックスが処方箋医薬品とされているからです。

 

医薬品と一口に言ってもいろいろな種類があり、ドラッグストアで市販されていて、自分で自由に棚から手に取って選び、レジに持っていって買うことのできるものもあれば、医療機関で出してもらうか、それとも医療機関で処方箋を書いてもらい、それを薬局に持っていくことでしか手に入らない処方箋医薬品というものがあります。

 

ラシックスは後者で、処方箋が無ければ購入できない医薬品とされています。ですから、薬局などでは市販されていないのです。

 

では、医療機関を受診しさえすれば処方してもらえるのかというと、それもそういうわけには行きません。

 

処方箋を書くためには、その医薬品の添付文書に記載された効能効果に適合した疾患を持っている人でなければならないのです。

 

そうでなければお医者さんは基本的に処方してくれません。ラシックスは高血圧や浮腫が効能効果とされていますので、高血圧や浮腫のある人が、その治療の目的であれば処方してもらうことができ、健康保険も適用になります。

 

しかし、ダイエット目的というのはこの薬の効能効果にありませんから、そのような目的で処方すると、今度は健康保険側から医療機関に対してクレームが入ることになります。

 

最悪の場合、健康保険から保険金が償還されず、自己負担額以外の部分について医療機関側の持ち出しになってしまう恐れがあるのです。

 

それは医療機関としては避けたい事態ですから、ダイエット目的での処方はしてくれないのです。

 

ただし、それなりに理解のあるお医者さん、こちらの要望をある程度理解してくれるお医者さんであれば、ダイエット目的ということはさておいて、実際の診察の結果としてある程度の浮腫が認められるのであれば、浮腫の治療のためということでラシックスを処方してもらえることは十分にありえます。